ミラクル、レッドフラッグ、ハーンが合弁で「Asianux Corporation」を設立

柴田克己(編集部) 2006年04月26日 17時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックス、中国のRed Flag Software、韓国のHaansoftは4月26日、3社が共同で開発し推進するLinuxディストリビューション「Asianux」、および付随するオープンソースソフトウェア(OSS)の共同開発などを主業務とした合弁会社「Asianux Corporation」を設立すると発表した。

 Asianuxは、「アジア地域にのニーズに応えるエンタープライズ向けLinuxディストリビューション」を開発することを目的に、Red Flag Softwareとミラクル・リナックスの共同Linux開発プロジェクトとして、2003年12月にスタートした。2004年8月に最初のバージョンとなるAsianux 1.0を出荷。同年10月に韓国のHaansoftが参加し、日中韓3カ国の共同プロジェクトとなった。2005年8月には、現行の最新バージョンとなるAsianux 2.0をリリースしている。

 共同プロジェクトとして推進してきたAsianuxを合弁会社化する理由としては、アジア全域へのパートナーの拡大と連携の強化、アジア各国のOSS推進支援とコミュニティへの貢献、グローバルなハード、ソフトウェアベンダーとの協業の強化などを挙げている。「グローバルベンダーとの協業強化や、アジアでのマーケティング活動の拡大に当たっては、共通のエンティティ(実体)が必要だと判断した」(ミラクル・リナックス、代表取締役社長の佐藤武氏)という。

 Asianux Corporationは、本拠地を中国の北京に置く。現在、中国政府の事業許可を申請中で、承認後、2006年5月に開業の予定。北京を本拠とした理由は、アジア諸国の本社やグローバルIT企業の研究開発センターが数多く存在し、Asianuxの開発、サポートおよびマーケティングに最適な活動が可能であるためという。経営陣にはRed Flag Software社長のChris Zhao氏、Haansoft社長兼CEOのJong-Jin, Beak氏、ミラクル・リナックス代表取締役社長の佐藤武氏が就任する予定だ。同社の資本金は80万ドル(米)。出資比率は未公開だが「北京に本拠を置くということで、Red Flagの比率が若干高い」(佐藤氏)としている。

 同社では、2007年3月にOSSベースのシステム管理機能、仮想化技術、EAL4レベルのセキュリティ機能などを盛り込んだ「Asianux 3.0」をリリースする予定。OSの開発、サポートのほか、ハードウェア、ソフトウェアベンダーとのアライアンス、パートナー拡大などのビジネスにより、今後3年間で1億2500万ドル(約144億円)の売り上げを見込む。

Asianux Corporation設立会見画像 Asianux Corporationの設立会見に出席した3社の代表者。左から、HaansoftシニアディレクターのDaniel Cho氏、Red Flag Software社長のChris Zhao氏、ミラクル・リナックス代表取締役社長の佐藤武氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!