三菱東京UFJ銀行、法人顧客向けサービス「BizSTATION」に「Adobe PDF」を採用

CNET Japan Staff 2006年04月26日 18時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは4月26日、三菱東京UFJ銀行が2006年3月より運用を開始した法人顧客向けウェブバンキングサービス「BizSTATION」におけるサポートツール「SmartDocuments輸入版」に、アドビのサーバ製品「Adobe LiveCycle Reader Extensions」を含む、Adobe PDFサーバソリューションが採用されたことを発表した。

 SmartDocumentsは、これまで顧客が紙で作成作業を行っていた輸出入取引に関わる外為依頼書を、Adobe PDF形式の電子フォームを使用して、PC上で作成を可能にするサービス。紙で行っていた作業を電子文書化できるだけでなく、BizSTATIONを介したデータ取込みなどが可能になる。

 三菱東京UFJ銀行では、2005年5月より提供しているAdobe PDFサーバソリューションを採用した「SmartDocuments輸出版」が顧客より高い評価されていることから全面採用を決定。適用業務範囲を輸入取引に拡大した。すでにBizSTATIONを利用している顧客の約9割がSmartDocuments輸出版を利用しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!