デル、「OpenManage」と日立の「JP1」を連携した運用管理ソリューションを提供開始

CNET Japan Staff 2006年04月26日 18時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは4月26日、同社のサーバ管理ツール「Dell OpenManage(オープンマネージ)」と日立製作所の統合管理ソリューション「JP1」を連携したシステム運用管理ソリューションの提供を開始することを発表した。

 このソリューションは、デルのIAサーバ「PowerEdge(パワーエッジ)」に標準で付属するハードウェア管理ソフトウェアDell OpenManageおよびDell|EMCのストレージ管理ソフトウェア「Navisphere管理スィート」とJP1を連携し、ハードウェア/OS/アプリケーションの管理/監視プロセスを一元化することで効率的なシステム統合運用管理を実現するもの。

 デルは、このソリューション提供にあたり、アシスト、日立ソフトウェアエンジニアリングと協業し、JP1の既存ユーザーや、UNIXからIAサーバへのマイグレーション、ERP、データベースシステムの導入を検討中の中規模から大企業に対するソリューションの提案や導入体制を整備する。

 導入にあたっては、デルの技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス(DPS)」が、顧客窓口となり、現状分析やシステム移行/導入のスケジュール管理、テストの実施、ハードウェアの設置、運用時の保守対応を行う。JP1の導入は、DPSパートナーであるアシストと日立ソフトによる技術支援とライセンス供与、製品サポート、教育などが提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR