独立行政法人製品評価技術基盤機構、シマンテックのスパム対策アプライアンスを採用

CNET Japan Staff 2004年04月26日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは4月26日、同社の提供するスパムメール対策アプライアンス「Symantec Mail Security 8200シリーズ」が、独立行政法人製品評価技術基盤機構(National Institute of Technology and Evaluation:NITE)に採用されたことを発表した。

 同製品は、マルチレイヤフィルタリングを搭載したスパム対策、ウイルス対策およびメールファイアウォールを実装したアプライアンス。NITEは、職員のスパムメール処理にかかる時間を削減することで、生産性を向上させ、職場内の業務効率を向上させている。

 NITEは、すでにメールフィルタリングソフトを導入済みだったが、送信者のドメインを詐称するスパムメールなどはスパムと判定されず、ゲートウェイを通過してしまっていた。このため情報システム室は、明らかにスパムメールと判断できるメールドメインのブラックリストへの追加や誤判定の確認など、メール用のスパムフィルタの適用作業に忙殺されていた。

 この問題を改善し、さらに今後のフィッシング詐欺や情報流出への対策を考慮し、3カ月をかけて3社のスパム対策製品を試験的に運用。その結果、スパムメール検出の精度、導入コスト、サポート体制の3つを評価してSymantec Mail Security 8200シリーズの採用を決定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!