ネットワールド、EMCストレージ製品の取り扱いを拡大

ニューズフロント 2006年04月27日 14時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンとネットワールドは4月27日、ネットワールドが販売するEMC製品を増やすと発表した。これにより、ネットワールドは、新たに「EMC CLARiX CX」シリーズ、「EMC CLARiX Disk Library」シリーズ、「EMC Celerra NS」シリーズ、「EMC Centera」の4製品の販売を開始する。

 ネットワールドは、これまで「EMC CLARiX AX100」シリーズ、「EMC NetWorker」、「EMC AutoStart」、「EMC RepliStor」、「EMC Retrospect」といったストレージ装置およびストレージソフトを提供してきた。同社は「取り扱うEMCジャパン製品を増やし、顧客の幅広いニーズに対応する」という。

 ネットワールドでは、2007年度におけるEMC製品の目標販売額を20億円とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?