EMCジャパン、ディスクライブラリ「CDL」の機能拡張と新エントリモデルを発表

ニューズフロント 2006年04月27日 15時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは4月27日、ディスクベースのバックアップ/リカバリ製品ファミリ「EMC CLARiX Disk Library(CDL)」の機能拡張と、新エントリモデル「CLARiX DL210」を発表した。機能拡張版CDLは、2006年6月以降に利用可能とする。CLARiX DL210は同日より販売する。

 機能拡張版のCDLは、バックアップ/リカバリソフト「EMC NetWorker 7.3」を統合し、メディア管理機能を向上させる。物理的なテープ資産と仮想テープ資産の両方について共通管理プラットフォームを構築できることから、EMCジャパンは「主要なSAN内や、遠距離間のバックアップ作業において、仮想テープおよび物理テープ間の全データのトラッキングと管理が容易になる」としている。さらに、新たなCDLには、確実にデータを削除する「シュレッダ機能」も搭載する予定だ。

 一方、CLARiX DL210は、中小企業や支店/部門向けのエントリモデル。記憶容量500GバイトのシリアルATAハードディスクを採用し、合計で4テラバイトから24テラバイトの容量に対応する。主なテープライブラリ、テープドライブ、テープメディアのエミュレーションの実行が可能なため、既存環境への導入が容易。「既存の作業手順またはバックアップインフラを変更することなく、ディスクベースのバックアップ/リストアが実行できる」(EMCジャパン)。税込み価格は650万円からとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!