イベントレポート:「Symantec VISION 2006」で明らかになるシマンテックの方向性

藤本京子(編集部) 2006年05月13日 22時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラウンドアップ】  Symantec主催の年次カンファレンス「Symantec VISION 2006」が、2006年5月8日から12日までの日程で米国サンフランシスコにて開催された。その中で同社は、データセンター統合ソリューション「Symantec Data Center Foundation」やコンプライアンスソリューションなどの製品およびサービスを発表すると共に、2006年に発表予定の新製品「Voyager」「Genesis」と、次世代のセキュリティコンセプト「Security 2.0」についての詳細を明らかにした。この数日間で発表された数々の内容をここでまとめたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!