特集:ESPが変える企業の情報環境

柴田克己(編集部) 2006年05月02日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラウンドアップ】  企業情報システムにおける新たなキーワードとして、「Enterprise Search Platform」(ESP:企業内統合検索基盤)という概念がにわかに注目を集めている。この特集では、ESPの基本的な概念の紹介とともに、検索を軸にした企業の情報活用に対して特色のあるアプローチを行っているアクセラテクノロジ、ウチダスペクトラム、2006年4月中旬から下旬にかけて相次いで企業内検索製品に関する発表を行った日本オラクル、グーグル、マイクロソフトの動向をまとめた。同時期にZDNet Japanに掲載された企業内検索に関する一連のニュースからも、企業内検索市場の盛り上がりが感じられるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR