Linuxカーネルの管理者、バージョン2.6のバグ増加を懸念

文:Ingrid Marson(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉 2006年05月08日 19時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxプロダクションカーネルのリードメンテナーを務めるAndrew Morton氏は、バージョン2.6でバグの増加がみられることを懸念している。同氏はこの問題を解決するため、思い切った対応を行うことを検討中だ。

 ドイツのウィースバーデンで開催された「LinuxTag 2006」カンファレンスで、Morton氏は現地時間5月5日、「私は、2.6カーネルのバグが徐々に増えていると考えている。新しくできるバグの数が、修正されるバグの数を上回っているようだ」と述べた。

 Morton氏は、この件についてまだ統計的な裏付けを得ていないが、受け取るバグ報告の電子メールが増えていることに気づいたと語る。欠陥の割合が増加していることを確認できた場合、問題の解決のため現在のカーネル開発プロセスを一時的に中断する可能性があるという。

 「まず、私にできるささやかな行動として、欠陥の割合が本当に増えているのか確かめることにした」と、Morton氏は述べた。「もしそれが本当なら、何か手を打つ必要がある」(Morton氏)

 「カーネル開発者は時間配分を再検討し、バグの修正に費やす時間を増やす必要が出てくるだろう」と、Morton氏は付け加えた。「バグ修正だけの開発サイクルを確保する可能性もある。純粋に、積年のバグを修正するためのサイクルだ」(Morton氏)

 問題の1つは、バグの修正にやる気を起こす開発者がほとんどいないことだと、Morton氏は語った。企業に勤めているカーネル開発者は旧式のハードウェアを気にかけない傾向があり、古いコンピュータや周辺機器に関するバグでは、このことが特に問題だと、Morton氏は指摘する。

 現在、多くのカーネル開発者はハードウェアメーカーなどのIT企業に雇われている。企業は自社の利益を優先して動くこともあるため、これが問題を起こす可能性があると、Morton氏は示唆した。

 「カーネルのメンテナーを雇い入れている企業なら、発売から5年が経ちどこも販売していない周辺機器の対応には興味を持たないだろう。私はそうした事情を理解できるが、ユーザーはまだそのハードウェアを使用しているのだから、やはり問題だ。そのバグがあることでカーネルのプロセス全体が影響を受け、カーネルを停滞させるかもしれない。バグがあるのに、それを修正する人がいないのだから」(Morton氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!