北都銀行、富士通の勘定系システム「PROBANK」を稼働

CNET Japan Staff 2006年05月08日 23時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は5月8日、同社が金融機関向けに提供する勘定系システム「PROBANK(PROgressive BANKing solution)」を北都銀行が使用し、2006年5月6日より稼働したことを発表した。

 PROBANKは、複数の金融機関による共同利用で「システムの拡張性の確保」「システムの安全性の向上」「システムコストの削減」を可能にすることを目的に、富士通が開発し、提供する勘定系システム。富士通は、開発/運用も含めたトータルなアウトソーシングサービスとして提供している。

 北都銀行は、情報システム部門の効率化を目的に、PROBANKの採用を決定。システム運用も富士通に委託している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから