IBM、メインフレームを強化へ--WebSphereの対応を拡充

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:坂和敏(編集部) 2006年05月09日 17時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは長い歴史を誇るメインフレームを近代化し、コスト効果を高める取り組みの一環として、「WebSphere」ミドルウェアスイート製品によるメインフレーム対応を強化していく。

 IBMは米国時間8日、同社のJavaサーバソフトウェア「WebSphere」について、今年中にメインフレーム上で動作するコンポーネントの数を増やしていくと述べた。これらのコンポーネントのなかには、ポータルサーバやビジネスインテグレーションサーバなどが含まれる。

 IBMはまた、サードパーティ向けプログラムを強化し、アプリケーションパートナー各社にさらなる技術および営業支援を行うことも発表した。同社のSteve Mills氏(ソフトウェアグループ・シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー)によると、これはパートナー各社が自社のアプリケーションをメインフレームに対応させる動きを促進するためのものだという。

 値段の高さなどが原因で一度は見限られたこともあるメインフレームだが、いまでも大企業を中心に支持者は多い。メインフレーム分野で相当な売り上げをあげているIBMは、今後もこのプラットフォームへの投資を続けていくとMills氏は述べた。

 「われわれには大きなフランチャイズがある。そのため、顧客にロードマップを示すことは重要だ」とMills氏は言う。「技術を近代化し、改良を続けなければ、メインフレームは古いシステムで、自分が行いたいことを実現できないとユーザーに思われてしまう」(Mills氏)

 IBMはこの日、Cobolコードを自動生成するツールも発表した。Rationalブランドで展開する同ツールは、JavaやLinuxに慣れ親しんだプログラマが、メインフレーム用のアプリケーション開発を簡単に行えるように設計されている。

 「メインフレーム特有の知識は必要ない。われわれは、さまざまなスキルを持つプログラマに門戸を開こうとしている」(Mills氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!