ビーコンIT、監査証跡を統合/分析できるセキュリティ新製品を発表

CNET Japan Staff 2006年05月09日 17時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビーコンITは5月9日、大量のアクセスログ分析をスムーズに行い、情報漏えい発生時に迅速な漏えい経路特定を実現するためのセキュリティインシデント(事件/事故)対策製品「BeaconIT Data Assurance Suite for 監査証跡」の出荷を開始したことを発表した。価格は800万円から。年間2億円の売上を見込んでいる。

 同製品は、企業内のあらゆるシステムに点在するアクセスログ群を統合し、透過的に分析するできる仕組みを提供する。同製品を利用すると、多岐にわたるアクセス経路や分散されたアクセスログを個別に分析する必要がなくなるため、内部監査人の負担が軽減され、迅速なインシデント対応を実現することが可能になる。

 また、統合透過的に分析できるため、関連性のあるアクセスログを突き合わせることで、単体のアクセスログでは発見できなかったインシデントの兆候についても発見できる可能性が高くなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!