ユニアデックス、ステレント製コンテンツ管理ソフトのコールセンター業務を開始

CNET Japan Staff 2006年05月09日 17時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニアデックスは5月9日、Stellent製の総合コンテンツ管理ソフトウェア「Stellent Content Server」の保守サービスを日本ステレントから受託したことを発表。2006年5月15日よりユーザー企業向けにコールセンター業務を開始する。

 Stellent Content Serverは、社外ウェブやイントラネットへの公開用コンテンツを一元的に管理するソフトウェア。「だれが」「いつ」「どのような文書や記録を更新したか」などを管理できる。

 これまで日本ステレントは、ユーザー企業からの技術質問やトラブル解決に電子メールやFaxで対応してきた。5月からはユニアデックスが、「マネージドサービスセンター」でコールセンター業務を受託する。これにより、日本ステレントは、電子メール、Fax、および電話の3種類の方法でユーザー対応ができる体制となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?