マイクロソフトとGXS、企業間電子商取引分野で戦略的な提携を発表

CNET Japan Staff 2006年05月09日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft CorporationとGXSは5月8日、全世界の企業間電子商取引を迅速かつ容易に行うソリューションの市場投入に関する戦略提携を発表した。この提携により両社は、B2Bソリューションを共同で市場投入し、世界中のあらゆる企業が、その企業規模を問わず、リアルタイムかつコラボラティブなB2Bネットワークを構築できるよう支援する。

 具体的には、Microsoftの「BizTalk Server 2006」「SQL Server 2005」「the 2007 Microsoft Officeシステム」などの各種ソフトウェアおよびサービスと、GXSの「GXS Trading Grid」を組み合わせることで、企業のグローバルサプライチェーンを横断するB2B統合を実現する。

 GXSでは、GXS Trading GridプラットフォームにマイクロソフトのBizTalk Server 2006とSQL Server 2005を採用。さらにBizTalk Server 2006を使った「Grid-Readyソリューション」を新たに開発する。今後両社は、エンドユーザーのデスクトップ環境からサプライチェーン全体に至る統合を実現するための協業を推進していく計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?