アメディア、視覚障害者のウェブ閲覧効率を大幅に向上する音声ブラウザを発表

CNET Japan Staff 2006年05月09日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメディアは5月9日、HTMLのマークアップを手がかりに効率よくウェブページを読み上げるソフトウェア「ボイスサーフィンVersion3.5」を開発し、2006年5月15日より出荷を開始することを発表した。価格は1万6800円。

 ボイスサーフィンVersion3.5は、HTMLタグを基点としてページ内を縦横無人に移動できる音声読み上げブラウザ。見出し、リスト、ブロック、段落の要素に、現在位置から前後に容易なキー操作でジャンプすることができる。

 また、前後の強調個所や各種の入力フォーム要素へのジャンプ機能そしてユーザーが自分で任意の位置に印をつけるマーク機能も搭載。視覚障害者のウェブページ操作の効率を大幅に改善している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから