エス・エス・ジェイ、新会社法に対応した「SuperStream-CORE」を出荷開始

CNET Japan Staff 2006年05月11日 02時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エス・エス・ジェイ(SSJ)は5月10日、中規模企業向け統合業務パッケージ「SuperStream-CORE」シリーズの新会社法対応版(2006年5月1日より施行された会社法に基づく企業会計基準等に対応)の出荷を、2006年5月10日より開始することを発表した。

 今回施行された会社法に基づく「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」および「株主資本等変動計算書に関する会計基準」により、企業では「科目体系の変更」「帳票体系の変更」「決算書類における利益処分案の廃止」および「株主資本等変動計算書」の追加などの会計処理変更が必要となる。

 SuperStream-COREシリーズでは、これらの新しい会計基準による設定や帳票などを標準機能として提供することで、会社法施行に伴う会計処理の変更コストを削減し、企業の会社法対応を支援することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR