国内ルータ市場は前年比8.4%増の1540億4200万円--IDC Japan調査

CNET Japan Staff 2006年05月11日 19時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは5月11日、国内ルータ市場における2005年の実績と2006年〜2010年の市場規模予測に関する調査結果を発表した。これによると、2005年の国内ルータ市場は、出荷台数が280万1000台で、売上金額は1540億4200万円となっている。売上金額は前年比8.4%増で2001年以来のプラス成長という。

 今後は、ハイエンドルータと企業向け拠点ルータ市場を中心に緩やかながらも成長を持続し、2010年には1863億7600万円に達する見込み。セグメント別の売上金額では、ハイエンドルータ(平均購入価格200万円以上)とSOHOルータ(1万6500円〜11万円未満)およびレジデンシャルルータ(1万6500円未満)は前年を上回っている。

 2010年までの市場予測においても、ハイエンドルータ、SOHOルータおよびレジデンシャルルータは、年間平均成長率でプラス成長を続けるものの、ミッドレンジルータとローエンドルータは前年を下回り市場の縮小傾向がみられるという。売上金額におけるシェアは、シスコシステムズが、ハイエンド、ミッドレンジ、ローエンドルータの各セグメントで1位。SOHOルータ市場では、ヤマハが1位となっている。

 今回の発表は、「国内ルーター市場 2005年の分析と2006年〜2010年の予測(J6050102)」で詳細が報告されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!