NTTカードソリューション、赤外線顔認証によるセキュリティ製品を販売開始

ニューズフロント 2006年05月12日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTカードソリューションとスマートワイヤレスは5月11日、赤外線顔認証システムを利用したセキュリティ製品の販売に関する代理店契約締結を発表した。これにともない、NTTカードソリューションは、スマートワイヤレスの入退室管理システム「FaceGuard-IR A」や勤怠管理システム「Face Attend」などの販売をすでに始めている。

 FaceGuard-IR Aは、顔認証に利用する画像を取得する際、認証対象者の顔に赤外線を照射する「国内唯一」(両社)の赤外線顔認証入退室管理システム。従来の顔認証技術と違って周囲の照明に影響されにくく、安定した認証が可能だ。顔写真を認識しないため、カメラに写真をかざして他人になりすます行為も防止できる。

 Face Attendは、顔認証ベースの勤怠管理システム。対象者の顔を認識して出退勤の時刻などを記録し、従来のタイムカードなどで問題となる不正打刻を防ぐ。赤外線カメラを搭載しており、やや暗い場所や夜間でも利用できる。タイムカード紛失による再発行や、従業員入れ替えにともなう新規発行といった処理が必要なくなる。

 なお、スマートワイヤレスのセキュリティ製品は、官公庁や流通業界、NTTグループ企業で導入実績があるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!