GMOインターネット証券、コールセンターの構築に「Cisco Unified Contact Center Express」を採用

CNET Japan Staff 2006年05月14日 15時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズは5月12日、GMOインターネット証券がコールセンターの構築にあたり、「Cisco CallManager」および「Cisco Unified Contact Center Express」を採用したことを発表した。同日より運用が開始されている。

 Cisco Unified Contact Center Express は、コンタクトセンター向けのパッケージソフトウェア。ACD(自動着信呼分配)機能やIVR(自動音声応答装置)、リアルタイムレポート、ヒストリカルレポート、CAD(Cisco Agent Desktop)とCRM(Customer RelationshipManagement)の連携機能などを搭載する。

 GMOインターネット証券は、同製品を導入することで、コンタクトセンター機能をネットワークインフラと統合的に管理できるようになった。上位ルータからエッジに設定するIPフォンまで包括して安定した運用ができ、障害時にも局部的な対応ではなく全体を見据えた対応が行える。

 また同社は、今回の稼働にあたりIVRやCRMの機能を活用。ヘルプデスクの作業効率を向上したほか、小人数による効率的な運用を可能にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?