NECソフトなど、ベトナムのハノイにソフト開発やSI手がける新会社

ニューズフロント 2006年05月15日 21時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECソフトとNECグループの東南アジア地域販売統括会社NEC Solutions Asia Pacific(NECSAP)は5月15日、ベトナムのハノイ市にソフトウェア開発とシステム構築(SI)を手がける新会社を設立したと発表した。6月1日より営業を開始。NECグループによるソフトウェアのオフショア(海外開発生産委託)を受託するほか、現地に進出する日系企業などに向けたSI、ソフトウェア販売を行うという。

 新会社の名称は「NEC Solutions Vietnam」。資本金は100万米国ドルで、出資比率はNECソフトが60%、NECSAPが40%。

 オフショア事業では、主にNECソフトから開発を受託する。SI事業ではNEC本社、NECSAPと連携し、製造業を中心とする日系企業をはじめ、現地の金融機関、官公庁といった顧客を獲得する。将来的には地場市場の開拓も目指すという。

 ソフトウェア製品の販売事業では、ERPパッケージ「IFS Applications」や情報漏えい対策ソフト「pointsec」など、NECグループの各種製品を現地で販売していく。

 当初は従業員数40人体制で営業し、3年後の2008年度までに120人に増員する予定。会社全体で、初年度170万ドル、2008年度に460万ドルの売上げを見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?