SPARCアーキテクチャ上でUbuntuが稼働か--サンCEOの発言で憶測が浮上

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年05月17日 16時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米カリフォルニア州サンフランシスコ発--Sun MicrosystemsとデスクトップLinuxのUbuntuは、JavaOneカンファレンスにてお互いへの評価を示し、Ubuntuの次期版「Dapper Drake」(開発コード名)がSunのサーバ上で動く可能性があることを示唆した。

 米国時間5月16日、Sunの最高経営責任者(CEO)Jonathan Schwartz氏はJavaOneの開幕を告げる基調講演にて、Ubuntuに対する熱烈な支持を明らかにした。また、Ubuntuプロジェクトの創始者、Mark Shuttleworth氏もSchwartz氏の基調講演に登場し、Javaへの支持を示した。

 基調講演の後に行った記者とのミーティングで、Schwartz氏は「Ubuntuは波に乗っている」と述べた。「最も重要なLinuxディストリビューションとまでは言えないかもしれないが、間違いなく重要なディストリビューションの1つではある」とSchwartz氏は述べる。これは、Linuxの大手ディストリビューターであるRedHatとNovellにとっては、痛い言葉だろう。

 Ubuntuコミュニティでは、6月1日にリリースを予定しているDapper Drakeで、企業ユーザーの間でも評判を上げることを狙っている。Dapper Drakeは、32ビットと64ビットのIntel互換サーバ、PowerPCサーバで動作するほか、Shuttleworth氏によると、これ以外にももう1つ発表予定のアーキテクチャがあるという。これはひょっとしてSunのSPARCになるかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから