サン、消費電力4Wの新型シンクライアントやWindowsアプリ対応サーバソフト

ニューズフロント 2006年05月17日 20時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは5月17日、新型シンクライアント「Sun Ray 2」「Sun Ray 2FS」と、シンクライアントシステム構築ソフトの最新版「Sun Ray Software 4」を販売開始した。

 Sun Ray 2とSun Ray 2FSは、電源を筐体から取り除くことで、従来製品の「Sun Ray 1g」に比べ小型化、軽量化している。最大消費電力はいずれも30Wで、通常時の消費電力はSun Ray 2が4W、Sun Ray 2FSが8Wまでとした。可動部品を持たないため発熱量が少なく、通常のPCやシンクライアントより故障が発生しにくいという。

 Sun Ray 2FSは、10/100Base-Tイーサネットポートに加え、100Base-FX光ファイバポートを標準搭載し、銅線イーサネットの電気信号を盗聴することによる情報の不正取得を防ぐ。また、DVIビデオポートを標準で2枚備え、2台のモニターを1台の仮想モニターとして使うシステムを構築できる。そのほかの主な仕様と税別価格(キーボードなし)、出荷開始時期は以下のとおり。

  • Sun Ray 2
    インターフェース:10/100Base-Tファストイーサネット、シリアル、USB 1.1×1、スマートカードリーダー(ISO-7816-1)
    ビデオ出力:最大1600×1200ピクセル
    大きさ:幅27mm×奥行き120mm×高さ215mm
    重量:0.8kg
    価格:3万7000円
    出荷開始:5月下旬

  • Sun Ray 2FS
    インターフェース:10/100Base-Tファストイーサネット、100Base-FX光ファイバ、シリアル、USB 2.0×3、スマートカードリーダー(ISO-7816-1)
    ビデオ出力:最大1920×1200ピクセルが2面
    大きさ:幅27mm×奥行き125mm×高さ215mm
    重量:0.9kg
    価格:7万5000円
    出荷開始:6月中旬

 Sun Ray Software 4は、従来の「Sun Ray Server Software 3.1」の機能に加え、新たにWindowsデスクトップまたはWindowsアプリケーションをSun Rayクライアント上で利用可能とする「Sun Ray Connector for Windows」や、クライアント環境をサーバで集中管理する「Desktop Manager」といった機能を搭載した。

 Remote Desktop Protocol(RDP)に対応しており、マイクロソフトのWindows Terminal Serviceとの直接接続が可能で、フルスクリーンのWindowsデスクトップをSun Rayクライアントで操作したり、Windowsサーバ上のアプリケーションをSolarisやLinuxで利用したりできる。Sun Rayクライアント上のWindowsデスクトップおよびアプリケーションは、ローカル接続されている機器にアクセス可能。Sun Rayクライアント上で動いているの他OSとのあいだで、データのコピー&ペーストも行える。

 Sun Ray Software 4の税別価格は、1シートライセンス当たり1万8000円となる。6月中旬に出荷を開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!