西村ときわ法律事務所、ICタグを利用した図書管理システムを稼動

CNET Japan Staff 2006年05月17日 20時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービスは5月17日、西村ときわ法律事務所にICタグを利用した図書管理システムを納入したことを発表した。2006年5月より稼動している。

 日本でも最大の法律事務所である西村ときわ法律事務所では、所有する約3万冊の蔵書すべてにICタグを貼付。図書管理システムの日立製作所製パッケージ「LOOKS21/Pシリーズ」と連携させ、本を自動貸出機(リーダ)にかざすだけの簡単な貸出返却処理、リアルタイムな貸出状況の把握、およびICタグとPDAによる本の物理的な所在の把握を実現した。

 貸出処理には、事務所への入退出に使用するセキュリティーカードを利用。自分の読みたい雑誌の新着情報を自動的に電子メールで通知する機能も追加した。

 今後は、ICタグを利用したファイルの所在管理も実現したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!