日立IT、リユースPCに「Turbolinux FUJI」をインストールし1年保証付で発売

WebBCN (BCN) 2006年05月18日 10時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立インフォメーションテクノロジー(日立IT、勝部武樹社長)は5月17日、1年間保証付リユースPCに、ターボリナックス(矢野広一社長)のデスクトッ プOS最新版「Turbolinux FUJI」をプレインストールして販売すると発表した。

 「Turbolinux FUJI」は、Windowsとの互換性をさらに高めつつ、リナックス の特徴である強固なセキュリティ、高い安定性、強力なネットワーク機能に加 え、既存のWindowsシステムへの統合を実現したデスクトップOS。プレインス トールにあたっては、日立ITとターボリナックスが共同でリユースPCとの整合 性検証を行った。

 リユースPCのベースとなるビジネス系中古PCは、使用されてきた環境や稼働 時間の違いにより、品質にばらつきがあるのが実状。日立ITでは、情報機器類 のリペア、リサイクル、リユースを推進する環境対応ビジネス(Reビジネス) に取り組んできた経験と技術を生かし、寿命部品の交換/修理、30項目以上に およぶ動作確認を実施することで、中古PCの高品質での再生を可能にした。

 ターボリナックスでは、パソコンのリユースニーズの高まりを大きなビジネ スチャンスと捉え、旧世代のハードウェアでも快適に動作する安全性、安定性、 価格性能比などを重視した製品を準備してきた。今回の日立ITとの協業は、一般 ユーザーにもメーカー保証のあるリナックス搭載リユースPCを安価に購入できる 機会を提供することで、デスクトップリナックスの普及促進とリユースPC市場の 活性化につながるものと判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?