5億円を実運用する「第1回スーパー・カブロボ・コンテスト」を開催

CNET Japan Staff 2006年05月23日 01時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレード・サイエンスは5月22日、株式のアルゴリズム(頭脳)トレードを行う運用ロボット「カブロボ」による株式の自動運用コンテスト「スーパー・カブロボ・コンテスト」を開催することを発表した。

 このコンテストは、「カブロボ・コンテスト」として2004年12月から2006年3月まで2回開催されており、合計で約4800台のカブロボが参戦していた。成績上位のカブロボの中には、年率で500%を上回るパフォーマンスを残しているものもある。

 カブロボは、PC上で動作するソフトウェアで構成するアルゴリズムトレードのロボット(ソフトウエアエージェント)。コンテスト期間中、カブロボに対して作者は指示を出さず、カブロボは作者の設計したアルゴリズムに基づいて、完全に自動で売買を行う。

 今回の新コンテストでは、カブロボの稼動環境をよりリアルに近いものし、名称を「スーパー・カブロボ・コンテスト」に改称。2006年7月から11月までウェブ上でコンテストを開催する。

 参加費は無料で、だれでも参加できる。トレード・サイエンスはこのコンテストを通じて、10体の優秀カブロボを選出し、それらの優秀カブロボが、コンテスト終了後約半年間にわたり、実際に総額5億円の運用を行う予定だ。

 なお、実運用フェーズでは、運用成績に応じて別途TS社が定める報酬をカブロボ作者に支払うことが予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!