日本ビジネスオブジェクツ、Excelの見える化ツール「Crystal Xcelsius」を発表

CNET Japan Staff 2006年05月24日 08時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビジネスオブジェクツは5月23日、Microsoft Excelで作成されたデータシートをグラフやチャートに変換することのできる個人ビジネスユーザー向けのビジュアル化ソフトウェア「Crystal Xcelsius(クリスタル・エクセルシアス)日本語版」を発表した。

 Crystal Xcelsiusは、Microsoft Excel形式で入力されたデータを元に、あらかじめ用意されたさまざまなコンポーネントを利用して、チャートやグラフといった説得力のある画像を簡単に作成することができるデザイン性の高い対話型の分析ツール作成アプリケーション。チャート化されたデータはワンクリックでPowerPoint、PDF、HTML、Flashなどのデータ形式に変換することができる。

 変換後のデータは、Crystal XcelsiusがインストールされていないPC上でも表示することが可能。また、スライダーなどを利用して数値を自在に変更することができるため、その場でだれもがリアルタイムにシミュレーションや分析が実施できる。

 価格は、プロフェッショナル版が7万4500円、スタンダード版が2万9000円、ネットワーク上でデータの共有が可能なワークグループ版は105万円より。動作環境は、Microsoft Windows 2000/XP。Officeは、Microsoft Office 2000/XP/2003に対応する。2006年7月14日より販売を開始。初年度5000本のライセンス出荷を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR