シマンテック、最新のサイバー犯罪に対応するセキュリティソリューション

WebBCN (BCN) 2006年05月24日 10時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテック(木村裕之社長)は5月23日、最新のサイバー犯罪に対して総 合的な保護効果を発揮する「Symantec Client Security 3.1」と「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.1」を5月30日に発売すると発表した。

 「Symantec Client Security 3.1」は、スパイウェア対策エンジンをダウン ロードし、「検知/駆除」機能を常に更新できるようになった。製品全体をア ップデートすることなく、常に最新の状態を維持できるため、日夜変化する複 雑なリスクに対しても即座に保護効果を発揮できる。

 また新たに「クライアント環境設定機能」を追加し、クライアントの環境設 定と管理を確実に実行できるようになった。このコンソールにより、クライア ントのコンプライアンス機能の設定、環境設定のリセット、システムの管理ポ リシー準拠状況の定期的なチェックなどが行えるため、ユーザーによるセキュ リティ設定変更を原因とするセキュリティリスク発生の危険を緩和できる。

 「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.1」は、セキュリティリスク につながるソフトのインストールを予防的にブロックし、アドウェアやスパイ ウェアなどのマルウェアを阻止できるエンタープライズ向けセキュリティソリ ューションで、LiveUpdateによる自動更新機能も備える。

 どちらも、リアルタイムでのスパイウェア防止機能を強化するとともに、新 たにエンタープライズ規模でのレポート機能を追加。スパイウェアと悪意のあ るコードに対して、エンタープライズ規模での監視とレポーティングが可能で、システム管理者は、ウイルスの出現や新たなウイルスイベントについて、メール によるアラートを設定できる。アラートメールの中にはハイパーリンクがあり、 個々のサーバーやクライアントグループ単位でのトラブルシューティングの詳細 情報にすぐアクセスすることもできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?