マイクロソフト、「2007 Office system」ベータ2を国内でも公開

ニューズフロント 2006年05月24日 15時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月24日、次期オフィススイート製品「the 2007 Microsoft Office system」日本語版ベータ2の提供を開始した。ウェブサイトから無償でダウンロードできる。

 2007 Office systemのうち、ExcelやWordなどのデスクトップ製品は、新たに「結果指向型ユーザーインターフェース」を採用した。高度なグラフィック処理に対応した新エンジンや、標準的なデータ交換を可能にするXML文書フォーマットにより、マイクロソフトは「さらなる使いやすさと生産性を実現する」としている。

 また、サーバ製品としては、企業における規制順守やワークフローなどに対応するよう強化した「Microsoft Office SharePoint Server 2007」や、フォームソリューションを実現する「Microsoft Office Forms Server 2007」を新たに追加し、「企業規模でのコラボレーション、エンタープライズコンテンツ管理、ビジネスインテリジェンスなどの、ソリューションプラットフォームを提供する」(マイクロソフト)。

 日本語版ベータ2は、Office Forms Server 2007を除き、CDおよびDVDキットとしても提供する。同キットの価格は実費1575円で、6月中旬以降に発送を始める予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?