ネットアップ、データセンター向けのハイエンドストレージ「NetApp FAS6000」シリーズを発表

柴田克己(編集部) 2006年05月25日 19時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は5月25日、同社の主力ストレージ製品ライン「FAS(Fabric Attached Storage)シリーズ」の最上位機種となる「NetApp FAS6000」シリーズを発表した。

FAS6070画像 FAS6070(写真)では、最大1008スピンドル(500テラバイト)の搭載が可能。

 FAS6000シリーズは、大規模データセンター向けのハイエンド機種。FAS6070と、FAS6030という2つのシステムからなり、いずれも従来機種に比べ、パフォーマンスと拡張性が大幅に強化されており、大規模なストレージ統合が可能という。搭載可能なスピンドル数(FC/SATA)は、それぞれ最大で1008と840、内部データ帯域も64ギガバイト/秒となっており、「フレームアレイに迫る拡張性とパフォーマンスを実現している」(ネットワーク・アプライアンス、エンタープライズデータセンターおよびアプリケーション事業部門、担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャのRich Clifton氏)とする。

 モジュラ型のストレージ設計によって、利用者のニーズに応じた柔軟な規模の拡張が可能なほか、同製品のOSとなる「Data ONTAP 7.2」に標準搭載される管理ソフトウェア「NetApp FlexShare」では、システム上で発生する複数の作業負荷に優先順位を割り当てて管理することが可能になっている。そのため、業務上で重要なタスクを優先的に処理し、安定したパフォーマンスの維持や高い可用性を実現できるという。

 また、同社では、アプリケーション、サーバ、データ、ストレージといったデータセンター内の各管理者向けのデータ管理ツールを統合した「NetAppマネージャビリティソフトウェアファミリー」を発表した。このツールを利用することにより、アプリケーション、サーバ、ストレージなどの基幹業務システムの構成要素を、データ管理の側面から一元的に管理、運用できるようになるため、管理コストを低減させるとともに、データ可用性、生産性、およびストレージ利用率の向上が見込めるという。

 日本ネットワーク・アプライアンス、代表取締役社長の鈴木康正氏は「エンタープライズデータセンターは、ネットアップにとって有望な市場。FAS6000シリーズで、ハイエンド市場に殴り込みをかける」とし、今期における日本の売り上げの20%をハイエンド向けのFAS6000シリーズでシェアしたいとの目標を示した。

 FAS6000シリーズの販売価格は、最小構成の3754万4000円より。

ネットアップ、Rich Clifton氏、鈴木氏画像 日本ネットワーク・アプライアンス社長の鈴木康正氏と、米国本社エンタープライズデータセンターおよびアプリケーション事業部門、担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャのRich Clifton氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!