企業Linuxサーバの3割以上がウイルス対策を未導入--トレンドマイクロ調査

ニューズフロント 2006年05月26日 15時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは5月26日、企業のサーバ利用実態に関する調査結果を発表した。それによると、企業の88.4%がWindowsサーバにウイルス対策を施しているのに対し、Linuxサーバにウイルス対策を導入している企業は68.5%にとどまったという。

 この調査は、2006年5月17日から18日にかけて、企業のシステム管理者にアンケートを実施したもの。206名から有効回答が得られた。

 サーバOSの選択理由を質問したところ、Windowsは「運用のしやすさ」(77.9%)、「導入のしやすさ」(65.2%)、「管理に慣れている」(57.5%)という順番になった。一方、Linuxを選ぶ理由は、「コスト」(64.4%)、「安定性」(53.4%)、「セキュリティ」(52.1%)が多かった。サーバの用途に応じたOSの種別は以下のとおり。

 ファイルサーバ

  • Windows:85.0%
  • Unix:14.1%
  • Linux:23.8%
  • 社内にない:3.9%

 ウェブサーバ

  • Windows:47.6%
  • Unix:9.2%
  • Linux:25.7%
  • 社内にない:29.1%

 メールサーバ

  • Windows:43.7%
  • Unix:9.7%
  • Linux:22.8%
  • 社内にない:30.6%

 また、トレンドマイクロは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新版「ServerProtect for Linux 2.5」の販売を5月26日に開始した。税別価格は、ライセンス版が2万5900円(5ライセンス)、パッケージ版が15万5400円(1サーバ)。対応Linuxディストリビューションは、Red Hat Enterprise Linux(AS/ES/WS)4.0、SUSE Linux Enterprise Server 9、Novell Linux Desktop 9、Debian 3.1となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!