FJSとOSJ、「IBM System i5」に対応したLinuxソリューション提供で提携

CNET Japan Staff 2006年05月26日 17時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島情報サービス(FJS)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は5月26日、IBMのビジネスサーバ「IBM System i5」に対応したオープンソースとリッチクライアントのソリューション展開で提携したことを発表した。

 今回、両社で提供するソリューションは、PHPやMySQLなどのウェブシステムの基盤技術をIBM System i5上で利用できる技術「PASE」とAdobe Flash利用したOSJ独自のリッチクライアント技術「DynamicCockpit(ダイナミックコックピット)テクノロジー」を組み合わせたもの。

 PASEは、IBM System i5のOSであるi5 OS上でLinux用アプリケーションの実行を可能にする技術で、DynamicCockpitテクノロジーは、Flash技術を利用したOSJ独自のリッチクライアントソリューションだ。

 今回の提携で両社は、IBM System i5のユーザー向けにオープンソースとリッチクライアントによる最新のウェブシステムを提供する体制を整えた。今後、両社のパートナー企業と共同でシステム構築およびサポートサービスなどの事業を展開する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!