サークルK、マニュジスティックスの流通/小売向けソリューションを採用

CNET Japan Staff 2006年05月26日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マニュジスティックスは5月24日、サークルKがアリゾナ地域の店舗網の需要予測システムを改善し、必要な商品を、必要なときに、適切な店舗に届けるために、マニュジスティックスの流通/小売向けソリューションを採用したと発表した。

 サークルKは、石油会社系列を除くコンビニエンスストアチェーンで北米2位。カナダのコンビニエンスストア大手、Couche-Tardのグループ会社で、世界中に4900店舗を展開している。

 今回の採用では、Couche-Tardが最終的な意志決定を行っている。操作性に優れ、需要予測から補充まで、需要管理に必要な多くの機能を網羅しているとことを評価してマニュジスティックスを採用している。同社はなお、JDAソフトウェアとの経営統合を準備中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから