セールスフォース、OEMプラットフォーム「AppExchange OEM Edition」を発表

CNET Japan Staff 2006年05月29日 17時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは5月24日、新興企業や独立系ソフトウェアベンダー向けにOEM提供されるオンデマンドプラットフォーム「AppExchange OEM Edition」を発表した。

 AppExchange OEM Editionにより、パートナー企業はSalesforce.comと個別に契約を結ぶことなく、オンデマンドプラットフォームである「AppExchange」上で稼働する新しいソリューションを開発することが可能。自由に市場に提供できるほか、直接顧客に販売することもできる。

 今回の発表にあたり、Dreamfactory、MyLoanBiz、Rally Software、Remendの4社が最初のパートナーとなった。価格は、1ユーザーあたり月額25ドルで利用できる。日本での提供時期や価格については未定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから