Mozilla Japanと日本IBM、先進技術に関する学生向け論文コンテストを開催

CNET Japan Staff 2006年05月30日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は5月30日、有限責任中間法人であるMozilla Japanの協賛により、グリッドコンピューティング、オートノミックコンピューティング(自律型コンピューティング)などの最先端技術をテーマに論文コンテストを実施すると発表した。

 このコンテストは、大学生および専門学校生を対象に、イノベーションを担う次世代の技術者育成を目指して開催されるもの。優秀者は米国のIBM研究所見学ツアーに招待される。

 論文は、Mozilla Japanと日本IBMに加え、東京工科大学、東洋大学、学校法人神戸電子専門学校などの教育機関の審査員により審査される。対象は大学生と専門学校生で、テーマはグリッドコンピューティング、オートノミックコンピューティング、オープンスタンダードテクノロジ。詳細は、日本IBMのウェブサイトで紹介されている。締切りは、2006年10月31日で、11月22日に優秀論文が発表される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!