PFUとアルバ、運用負担の少ない検疫ネットワークソリューション

WebBCN (BCN) 2006年05月31日 10時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFU(広瀬勇二社長)とアルバワイヤレスネットワークス(アルバ、杉本隆 英社長)は、検疫ネットワークソリューションで協業すると発表した。

 アルバのネットワークコントローラー「Aruba Mobility ontroller」と、PFUの検疫ネットワークソフト「iNetSec Inspection Center」を組み合わせたソ リューションを提供するもの。両社では製品を連動することで、企業や大学な どのネットワーク管理者や利用者に運用負担をかけることなく、ネットワーク セキュリティを向上できるとしている。

 PFUの「iNetSec Inspection Center」はPC端末のセキュリティ統制に必要な 検疫ポリシーと、最新のセキュリティポリシー維持を支援する検疫辞書配付サー ビスなどの機能を搭載する。一方、アルバの「Aruba Mobility Controller」 は、パケット処理機能とイーサネット・スイッチング、LAN速度のステートフ ル・ファイアウォール、暗号化、高機能なRF管理など、有線・無線の統合セキ ュリティ機能を備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!