トリップワイヤ、変更コントロールソリューションの新製品「Tripwire Enterprise 5.5 日本語版」を発表

CNET Japan Staff 2006年05月31日 18時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリップワイヤ・ジャパンは5月31日、システムの整合性を保証し、可用性向上、セキュリティ強化、およびコンプライアンスの証明をエンタープライズレベルで実現する、変更コントロールソフトウェアの新製品「Tripwire Enterprise 5.5 日本語版」を発表した。

 Tripwire Enterpriseは、ITインフラに加えられた変更を検知して一元管理する製品。サーバやネットワーク機器上の変更を一元管理するためのコントロールエンジン「Tripwire Enterprise/Server 5.5 日本語版」、サーバのファイルシステムに加えられる変更を検知する「Tripwire Enterprise/FS 5.5 日本語版」、およびネットワーク機器をエージェントレスで監視する「Tripwire Enterprise/ND 5.5 日本語版」の3つのコンポーネントから構成されている。

 検知した変更が計画/承認された変更であるかどうかを評価し、変更レポートを作成することができる。

 価格は、Enterprise/Server 5.5が185万円、Enterprise/FS 5.5が19万8000円、Enterprise/ND 5.5が5万7600円。2006年7月3日より受注を開始し、8月21日に出荷を開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!