日本HP、FeliCa対応サーバ「HP IC-Chip Access Server for FeliCa」を発表

CNET Japan Staff 2006年05月31日 18時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とフェリカネットワークスは5月31日、FeliCa対応次世代サーバに関するライセンス契約を締結したことを発表した。日本HPは、このライセンス許諾に基づき、FeliCa対応次世代サーバ「HP IC-Chip Access Server for FeliCa」を開発。2006年8月より販売を開始する。

 新サーバは、ネットワークを経由したFeliCa ICチップへのアクセス、認証された機器間での安全な鍵情報の交換をするためのサーバミドルウェア製品。たとえば、電子マネーやクレジットカードなどの決済、電車/バスなどの交通サービス、ポイント、電子チケット、電子キーなどのサービスにおけるトランザクションを高速に処理できる。

 通信業者向けおよび一般事業者向けの製品が用意されており、8月に通信事業者向け製品の出荷を開始し、その後一般事業者向けの出荷を開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから