ゼンド、IBMのパートナー企業4社と共同で「OpenSource協議会−System i5」を設立

CNET Japan Staff 2006年06月02日 19時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンは6月2日、IBMの統合ビジネスサーバ「IBM System i」を販売するIBMのビジネスパートナーである、日本ビジネスコンピューター、福島情報サービス、トッパンエムアンドアイ、および日本オフィス・システムと共同で、「OpenSource協議会−System i5」を設立したことを発表した。2006年5月11日に第1回設立総会が行われた。

 OpenSource協議会−System i5は、PHPを中心に、IBM System i5でのオープンソフトウェアによるビジネスの啓蒙と創成を推進するためのコミュニティ。ゼンドは、OpenSource協議会−System i5の発起人として活動を推進し、Zend/PHPおよびPHPのテクニカル情報の提供により貢献する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!