米国食品医薬品局、人材確保にビジネスオブジェクツ製品を活用

CNET Japan Staff 2006年06月05日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BusinessObjectsは6月5日、米国食品医薬品局(FDA)が同社製品を人事系のBI標準に採用したことを発表した。

 FDAは、約9000人の従業員に関する情報の分析、一般的な人事統計へのアクセス、各人の傾向の把握、潜在的な労働力の課題予測などを行うために、BusinessObjectsのツール群を使用する。

 FDAでは、契約、一時雇用、パートタイムなどの従業員を採用しているが、これらの従業員データを全体的に把握するために、アクセス制限が強固なFDAの人事データベースである「EASE」へ、社内外のデータベースから情報を統合。BusinessObjectsのツールにより、レポート作成や分析を行っている。

 これにより、個人データを深く把握し、公務員の退職、定着率、採用など、今後の人事問題の予測が可能になった。たとえば、今後数年間で定年を迎える科学者数を把握することで、その欠員補充のための新規採用人数を予測し、プランを策定できるようになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから