クラリアント、ステレントの「Universal Content Management」を採用

CNET Japan Staff 2006年06月07日 08時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Stellentは6月1日、特殊薬品のClariantが同社の「myDMSプラットフォーム」の基盤となるエンタープライズコンテンツ製品として「Stellent Universal Content Management」を導入したことを発表した。

 Clariantは、オープン標準をベースにした包括的な機能性とサービス指向のアーキテクチャを備えていることを評価し、同製品の採用を決定。地域別または部門別のソリューションを統合し、コンテンツの効率的な管理、厳しいコンプライアンス規制、標準への準拠、およびコスト削減の実現を目指す。

 同社がStellent Universal Content Managemenの導入を決定したのは、myDMSプラットフォームの基盤として、迅速かつ効率良く導入でき、全ての従業員が多くのトレーニングを受けることなく使用できるコンテンツ管理ソリューションであったことが最大の理由。これにより、全ての従業員が標準デスクトップツールにより、情報を構築、維持し、複数の事業区分別アプリケーションでコンテンツ/ドキュメントを再利用できるようになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから