携帯電話シェア、トップ3社は混戦模様――IDCが2006年第1四半期の市場調査結果を発表

CNET Japan Staff 2006年06月07日 09時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは6月6日、2006年第1四半期における国内携帯電話市場規模および今後の見通しを発表した。

 同調査によると、2006年第1四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年比17.5%増の1397万台。2005年第4四半期以降、新規端末を中心に買い替え需要が堅調に推移していること、NTTドコモの最新3G機種FOMAが比較的順調な市場推移を見せていることなどが市場全体の押し上げに大きく貢献した。また、au/KDDIの携帯電話も「WINシリーズ」で出荷台数を大きく伸ばしている。

 ベンダー別出荷台数シェアでは、前四半期と同様、上位3社がシェア1.0%以内の僅差で並ぶ混戦状況となっている。ドコモ向けFOMA端末市場で先行するパナソニック・モバイルで、前四半期に引き続き2四半期連続のトップシェア。2位には、ドコモ向けFOMA、PDCのNECで、ドコモとソフトバンク向け3G端末を供給するシャープが3位。シェアは、順に16.0%、15.4%、15.2%となっている。

 IDCによれば、それに続く第2グループの中では、三菱電機の902シリーズ、カシオ日立の最新WIN端末が好調という。

 なお、IDCのプレスリリースによると、シェア4位は三洋電機の10.3%、5位が東芝の10.2%、残りの33.0%が「その他」とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから