米マインドジェット、アイデアの「マッピング」ソフトで日本市場に参入

WebBCN (BCN) 2006年06月08日 16時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米マインドジェット(カリフォルニア州、ロバート・ゴードンCEO)は、情 報を視覚化し管理することで生産性を高めるソフト「Mindjet MindManager Pro 6」日本語版を6月6日に発売した。これまで英語版は提供されていたが、日 本語版は初めて。初年度1万ライセンスの販売を目指す。

 「Mindjet MindManager Pro 6」は、複雑なアイデア、情報、データを、わ かりやすく対話性に優れた視覚的な表現で表すことができるマッピングソフト。 個人やチームが情報やアイデアを表現、整理、共有することで生産性を高め、よ り多くの情報に基づいた迅速な意思決定やビジネスプロセスの短縮、組織内の知 的資産の有効活用を実現する。

 初の日本語版の発売にあたり、ユーザーサポートを充実させるため、日本語Webサイトも開設した。今後、販売代理店との協力体制をさらに強化し、日本 市場への本格参入を図る。

 価格は5万2000円で、販売代理店を通じて販売する。英語版のユーザーは、 日本語Webサイトにて無料でアップグレード可能。ボリュームライセンスにも 対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR