KCCS、3Gデータ通信サービスでイントラネット接続機能を追加

WebBCN (BCN) 2006年06月09日 08時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は、KDDIの3G(第三世代携帯電話)を使った準定額制データ通信サービス「KWINS 3G」で、ゲートウェイ機能を追加、サービスを開始した。

 ゲートウェイサービスでは、インターネットだけでなく、社内のイントラネット接続も可能になる。また、KCCSのPHSデータ通信サービス「KWINS 4X」や「KWINS 8X」、公衆無線LANサービス、統合認証ソリューション「NET BUREAU」で同一ID・パスワードを使ってサービスを利用することができる。

 KCCSは、MVNO(仮想移動体通信事 業者)として、KDDIの3G高速データ通信サービス「CDMA 1X WIN」を独自ブランドの「KWINS 3G」として企業向けに再販してきた。従来サービスでは、インターネット接続のみ可能だったが、ユーザーから社内のイントラネット接続の要望が高かったこ とから今回、サービスを追加した。

 月額利用料金は、1IDにつき500円。通信には「KWINS 3G」の契約が必要。年間で2万IDの販売を目指す。

京セラコミュニケーションシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!