三菱、デュアルコアXeon搭載2ウェイサーバ4モデルを発売

ニューズフロント 2006年06月12日 19時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は6月12日、デュアルコアインテルXeonプロセッサーを2個搭載するミッドレンジ向けIAサーバ「三菱サーバコンピュータFT8600シリーズ」の新製品4モデルを、6月13日より販売すると発表した。

 新モデルは、デュアルコアXeon 5080(動作周波数3.73GHz)またはデュアルコアXeon 5050(3GHz)のいずれかを選べる。ラックマウント型の「220Rd」(2Uサイズ)および「210Rd」(1Uサイズ)と、フロアスタンド型の「200Lc」「200Ec」を用意する。

 メモリはFully Buffered DIMM(FB-DIMM)を採用し、従来モデルに比べ最大50%増の24Gバイトまで内蔵可能とした(200Ecのみ最大12Gバイト)。2.5インチSerial Attached SCSI(SAS)ハードディスクに対応し、1Uサイズの210Rdでも6台まで搭載できる。SAS化したことで、同時アクセス時の転送速度は従来モデルの約3倍に向上した。

 デュアルコアXeonの仮想化技術であるインテルバーチャライゼーション・テクノロジー(VT)により、VT対応仮想サーバソフトを導入すると、1台のサーバで複数OSの同時稼働が可能となる。プリインストール用OSは、Windows Server 2003, Standard Edition、Windows Server 2003 R2, Standard Edition、Windows Server 2003 R2, Standard x64 Editionのいずれか。

 税込み価格は、220Rdが47万5545円から、210Rdが44万8770円から、200Lcが42万7350円から、200Ecが25万1685円からとする。三菱電機では、FT8600シリーズとして年間7000台の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!