2005年国内HPC市場規模は前年比5.6%増も将来は弱含み--IDC Japan調べ

CNET Japan Staff 2006年06月12日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは6月12日、2005年の国内ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)市場の動向を発表した。

 同調査によると、2005年の国内HPC市場規模は569億8100万円で、前年比5.6%の成長。2年連続のプラス成長を達成した。しかしIDC予測では、2010年になると418億円規模に縮小する。

 2005年の国内HPC市場を製品別に見ると、「スーパーコンピュータ」が前年より約4割減少した。その減少分を、HPC専用モデルが好調で同3割増加した「RISCサーバ」が補っている。一方、2004年まで急拡大していた「IA64サーバ」の成長は鈍化。「x86サーバ」は単価下落の影響で、マイナス成長に転じた。

 市場全体では、大学や公的研究機関の大型案件に依存する傾向が強まっている。その結果、ベンダー別出荷金額の1〜3位を大学や公的研究機関のビジネスに強い国産ベンダーが独占した。RISCサーバのHPC専用モデルが好調の日立製作所が初の1位を獲得。2位は富士通で、3位は2004年まで長く1位を維持してきたNECとなった。

 IDC Japanによると、2005年から2010年まで5年間の年間平均成長率はマイナス6.0%になる見込み。x86サーバとIA64サーバは増加基調を維持するものの、スーパーコンピュータとRISCサーバが減少する見込みで、その減少分を補えないと予測している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!