ニフティ、法人向け大規模メールサービスのセキュリティ機能などを強化

ニューズフロント 2006年06月12日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは6月12日、インターネットサービス「@nifty」の法人向けメールサービス「メールアウトソーシングサービス」において、セキュリティ面などの機能強化と、パートナー企業向け管理機能の追加を実施した。

 メールアウトソーシングサービスは、インターネットサービスプロバイダやホスティング業者、ネットワークサービス/製品などを手がけるシステムインテグレータ向けの、大規模メールサービスである。

 ニフティでは、ウイルスチェックや迷惑メールフィルターといった一般的なセキュリティ機能に加え、「メール保存サービス」「外部発信権設定」「メール転送制限機能」「受信禁止ドメイン設定」といった新しいセキュリティ機能を設けた。また、アカウントごとの「POPアクセス禁止設定」が可能となり、ウェブメールのみを利用させることで、PC紛失などによる情報漏えいも防止できるようにした。

 新たに、メールボックスの容量をアカウント単位で変える機能を追加した。携帯電話のブラウザにも対応し、時間や場所を選ばずメールを送受信できるようになった。さらに、管理画面からPOPログ、SMTPログ、ウイルスログをダウンロードできる「メールログ検索サービス」をオプションとして提供する。

 また、ニフティは、メールアウトソーシングサービスを自社商品として販売するパートナー企業向けとして、メールシステムの詳細設定を顧客ニーズに合わせて構築可能な管理機能も提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?