国産ERP「GRANDIT」対応の帳票テンプレートを開発--システムインテグレータなど4社が共同で

CNET Japan Staff 2006年06月14日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムインテグレータ、エフ・シー・エス(FCS)、ベニックソリューション、およびウイングアークテクノロジーズの4社は6月14日、インフォベックのERPパッケージ(統合業務パッケージ)「GRANDIT」に対応する「SVF帳票テンプレート Ver.1」を共同開発したことを発表した。同日より出荷する。

 SVF帳票テンプレート Ver.1は、GRANDITに標準実装されていない帳票をテンプレートとして開発されたもの。GRANDITの帳票機能を補完し、帳票出力システムの構築と早期運用を可能にする

 4社の役割は、システムインテグレータが企画・販売、FCSが開発・保守、ベニックソリューションが開発・テスト、ウイングアークが技術情報およびライセンスの提供となる。価格は、100クライアント未満で200万円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!