PFU、文書管理ソフトを販売開始--Webサービス介してアプリと連携可能

CNET Japan Staff 2006年06月14日 21時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは6月14日、紙文書の電子化・登録作業を効率化するための文書管理ソフトウェア「楽2 Document Manager(らくらくドキュメントマネージャー)V1.0」の販売活動を同日より開始すると発表した。

 同ソフトウェアは、7種類の文書体系テンプレートが用意されていて、容易に導入できることが特徴。イメージスキャナ「fiシリーズ」と連携して紙文書を登録することができ、「パラパラ閲覧」や「書棚」「バインダ」をビジュアルに再現したユーザーインターフェースを搭載する。情報漏洩に対応するセキュリティ機能を実装しているため、不正アクセスの予防や監査証跡としての証拠保存も可能だ。なお、アプリケーションとのインターフェースは、Webサービスを介して行うことができる。

 1サーバ、50クライアントの基本パッケージの価格は120万円。購入必須の基本サポートパッケージは、年間18万円。

 8月初旬より出荷する予定で、3年間で1000システムの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから