住商情報システム、Curlをマーキュリーの「QTP」に対応--独立アプリでもテスト可能

CNET Japan Staff 2006年06月14日 22時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムは6月14日、リッチ・クライアント言語「Curl」の次期製品版で、マーキュリー・インタラクティブ・ジャパンが提供する自動機能テストツール「Mercury QuickTest Professional」(QTP)に対応する機能を追加することを発表した。

 住商情報システムは、Curl利用によるシステム構築・運用の経験を持つ。今回、CurlをQTPに対応させることで、リッチクライアントシステムにおける結合テストや再帰テストの効率化と品質向上を可能にしたい考えだ。

 今回の対応で、テストの自動実行や、テストシナリオにCurlのオブジェクト属性、メソッドなどを詳細に設定できるようになる。ウェブブラウザを利用したアプリケーションでも、ウェブブラウザを使用しない独立型のアプリケーションでもテストすることができ、テスト結果レポートなどでバグ情報が提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!