トレンドマイクロ、統合型ゲートウェイセキュリティソフトを発売--300〜2500人規模に対応

CNET Japan Staff 2006年06月15日 17時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは6月15日、統合型ゲートウェイセキュリティソフトの新製品「Trend Micro InterScan VirusWall スタンダードエディション」の販売を7月14日より開始すると発表した。

 今回の製品は1台のサーバにインストールでき、従業員300人から2500人規模の企業向けゲートウェイコンテンツセキュリティソフトウェア。ウイルス、スパイウェア、スパムメール、フィッシング詐欺などの脅威への対策と、コンテンツフィルタリング、URLフィルタリングによる情報漏えいの予防機能などが備わっている。

 インストール対象OSはWindows。Linux対応版を2006年11月から提供を開始する予定だ。参考価格は、1000ライセンスで税別220万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!